青葉食品工業股份有限公司

創業1970年

青葉の最も知られたCMソングは、1980年代から台湾人の心に深く刻み込まれています。

お腹がぐうぐう鳴っている
体中力が出ない。ぴょんぴょんできない
福松パンなんかいらないや
青葉嚕肉飯 はいい匂い
お母さんは家にいない 青葉嚕肉飯 やっぱうまいや 青葉嚕肉飯

 

地元に根付いた台湾料理のおいしさを受け継ぐ、初の調理済缶詰

1970年その当時になっても、台湾の缶詰食品業の製造レベルは、旬の野菜類を水煮で鮮度を保つ程度でした。一方で、調理類缶詰は全て輸入に頼り、少量で高価でした。
その頃、青葉レストランは台湾初の台湾料理レストランになりました。創業の際には、沈雲英氏は常に新メニューの開発や調味方法の改良などの努力を重ね、グルメの皆様の舌をうならせようと奮闘していました。店内では嚕肉飯、菜脯蛋(切干大根入り卵焼き)、蔭豉蚵(牡蠣のトウチ炒め)、地瓜粥(サツマイモ粥) …などを出し、それらはそれまで以上に、グルメなら注文せずにはいられないメニューとなったのです。青葉レストラン自体はこうして6年が過ぎ、台湾料理の中華料理史において新たな一ページをすでに書き加えていたのです。その時、沈氏は考え始めました―おいしい料理は来店されるお客様に満足いただけるだけであってはならない。台湾各地に広めて、各地の皆様に味わっていただけるようにしなければ…と。

こうして、青葉レストランの経営と料理での成功経験を食品缶詰の分野にも展開することとなり、それが「青葉食品工業股份有限公司」の創業となったのです。弊社では嚕肉(煮込み豚肉)、肉そぼろ、瓜仔肉(きゅうりと豚肉蒸し)などの肉類調理缶詰が創業期の主力商品でした。

青葉セイタン。一口食べるごとに忘れられないおいしさ

台湾では初一十五(旧暦の元旦と1月15日)に菜食、お参りなどを行い、この食文化と宗教儀礼は常にこの地域特有の風俗習慣として続いてきました。かつてはそんな時期になると、菜食者は、あっさりした葉物野菜と軟らかくどろどろの豆料理しか食べられず、台湾料理の暖かく潤いのある口当たりが味わえませんでした。自身も敬虔な仏教徒だった沈氏は、そのことに思いを致し、それが完全菜食向け缶詰「青葉セイタン」シリーズ商品の開発に繋がったのです。当商品は非常に素晴らしい口当たりから、販売が始まると多くのお客様に愛され、どこのご家庭でも備えておくべき缶詰料理商品となったのです。

地元台湾の農業を支えるこだわりで、使用食材は台湾原産に

青葉は食材への熱い思いと、この土地への深いアイデンティテイーを受け継ぎ、地元台湾のおいしさを受け継いでまいります。弊社では安心を追い求めるためにて、国際食品安全HACCP検証を取得しました。そして地元台湾での農業を支え、有機食品向けの専門的な工場の製造認証を通じて、安心・安全・おいしいが揃った商品を引き続き切れ目なくお届けしてまいります。

品質でのこだわりを土台として、地元台湾は雲嘉南地域原産の落花生を特別に厳選しています。大振りで食べ応えがあり香り漂う、そんな本物の材料だけを使い贅沢な舌をうならせます。安心できる良いものをお届けするために、困難を恐れず技術の壁を乗り越え、台湾で初となる有機カーネルコーン缶詰の生産を行っています。採れたての甘い、新鮮、おいしいを何よりも先に閉じ込め、健康で安全、おいしく無害を形にしました。青葉は本質の探究に専心し、地元台湾の素晴らしい食材を、産地から新鮮なまま直送して製缶を行います。そして全工程で注意深い検査を行っています。自然の味をそのままに、 お客様に真心の味わいをお届けします。

 

半世紀を超えるおいしさと安心できる品質をお約束。変わらぬ真心

50数年にわたり、青葉ではおいしい料理の研究開発でパイオニアであり、それを変わらぬ目標として経営を続けてきました。それは、青葉の従業員一人一人の誇りでもあるのです。

ブランドマークにある青色の葉と同じように、弊社は次の世代を慈しむ心で、 エネルギー、元気、健康」を備えた優良品の創造を続け、お客様に安心できる自然の素敵をお届けすることをこだわりとして、原料の厳選から伝統的な製法での製作に至るまで、一つ一つの工程で丹精込めて調合・製造しております。

「青葉」は数多くの人の成長に寄り添い、半世紀を超えて歩んできました。青葉は、熱意、真摯さ、専念する心、プロとしての態度により、引き続きお客様に寄り添い、共により鮮やかな人生の記憶を一ページ一ページ書き記してまいります。

青葉公司は食品の研究開発への熱意とお客様への責任では妥協しません

青葉公司がお届けする商品は全て、きめ細かに心を込めてとの責任ある態度を曲げず、一つ一つ研究を経て作り上げました。そして十数年にわたり食品業種各界と消費者から絶えざる高い支持と評価をいただいています。弊社では高品質をこだわりとして、自然で無害な商品をお客様にお届けすることを、共同の目標に掲げています。将来も、弊社は絶えず新しいものを追い求めてまいります。消費者の皆様には、更に多様化した便利な選択肢をお届けします。そして一層きめ細かいおいしさを味わっていただければ幸いです。

原料を厳格に選び、プロセス一つ一つで注意深い検査体制。

青葉は本質の探究に専心し、地元台湾の素晴らしい食材を、産地から新鮮なまま直送して製缶を行います。そして全工程で注意深い検査を行っています。自然の味をそのままに、 お客様に真心の味わいをお届けします。

一、品質でのこだわりを土台として、地元台湾は雲嘉南地域原産の落花生を特別に厳選しています。大振りで食べ応えがあり香り漂う、そんな本物の材料だけを使い贅沢な舌をうならせます。

二、台湾の原産品を使い、CAS優良食品認証を得た豚肉食材により、新鮮、良質、栄養的で、おいしく、安全な品質をお約束します。

三、安心できる良いものをお届けするために、困難を恐れず技術の壁を乗り越え、台湾で初となる有機カーネルコーン缶詰の生産を行っています。採れたての甘い、新鮮、おいしいを何よりも先に閉じ込め、健康で安全、おいしく無害を形にしました。

青葉は食材への熱い思いと、この土地への深いアイデンティテイーを受け継ぎ、地元台湾のおいしさを受け継いでまいります。

青葉の商品は、従来型の市場、各大手食品量販店、デパート、スーパーチェーン、有機食料品店、全聯(旧生協)、及び有名通販サイトなどを販売ルートにしています。これらを通じて消費者から広く愛され、今ではすでに地元台湾に根付いたブランドという良いイメージを築き上げています。

世界的な販売ネットワークには、すでにアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ及び東南アジア各国が範囲に含まれています。世界規模の市場を全力で切り開き、専門的な企業化経営方式により、青葉公司のおいしい料理とグルメを、世界に向けて発信してまいります。

Marketing Channel 3 1

青葉の商品は、従来型の市場、各大手食品量販店、デパート、スーパーチェーン、有機食料品店、全聯(旧生協)、及び有名通販サイトなどを販売ルートにしています。これらを通じて消費者から広く愛され、今ではすでに地元台湾に根付いたブランドという良いイメージを築き上げています。

世界的な販売ネットワークには、すでにアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ及び東南アジア各国が範囲に含まれています。世界規模の市場を全力で切り開き、専門的な企業化経営方式により、青葉公司のおいしい料理とグルメを、世界に向けて発信してまいります。

レストランから事業を始めた弊社は、消費者に食べて安心できる、健康的な食品を楽しんでいただくため、ゆるぎない原則を守り続けています。それは、自然食材を使い、合成香料 合成着色料及び防腐剤を使わず、プロセスで厳格な検査体制を備え、良心的な三大生産方針を順守することなのです。

良心的な三大生産方針「真心込めて、お客様に寄り添い、安心できる」

原料から完成品に至るまで、青葉では真心込めて何重もの検査体制を敷いています。

第1関門
地元台湾の食材を念入りに厳選し、産地から採りたてを優先的に搬入して加工生産を行います。自然なままの味を留めることで、最も新鮮なおいしさの食品をお客様に味わっていただきます。

第2関門
合成香料、合成着色料と防腐剤が無添加で、各種食材を比率に合わせて丹精込めて配合しました。弊社ではお客様に寄り添い、おいしい、健康、栄養的の原則を順守しながら、研究・製造を行います。これも全て消費者に楽しく、安心して精一杯食べていただくためなのです。

第3関門
青葉はプロセスが透明で衛生的であり、HACCP食品安全管理システムと慈心有機加工認証を取得しました。これからも安心できる品質をお約束します。

一つ一つのプロセスで厳格な検査体制を完備しています。それもただ、お客様にいっぱいのエネルギー、元気、そして健康をお届けしたいからなのです。
弊社はHACCP食品安全管理システム認証と慈心有機加工認証を取得済みです。安心の品質をお約束し、お客様の健康のために検査体制を整えております。

青葉食品公司は食品製造ではすでに50年を超える経験があります。販売する商品ごとに、注意深く真心がこもった責任ある態度で妥協することなく、一つ一つ研究を経て製造を行い、長年にわたり食品業界各界と消費者から絶えざる高い支持と評価をいただいています。弊社は、「お客様のためにおいしい、健康、安心、便利な食生活を創造し続ける」という品質への信念で妥協することなく、専門性と熱心さで卓越した品質を全力で追い求め、いつまでもその歩みを止めません。

timeline_pre_loader
主な沿革

1964 年

創始者沈雲英氏が青葉レストランを創立。台湾初の宴席向け台湾料理レストランとなる。

1970 年

桃園県平鎮市に青葉食品工業股份有限公司を創業。全国で初めてセイタン、嚕肉飯、肉そぼろ、瓜仔肉の缶詰を生産し、台湾料理缶詰生産のパイオニアとなる。

1970 年代

落花生セイタン、ピーナッツセイタン、辛口セイタンなどの各種シリーズ商品を相次いで販売。台湾の北・中・南部の各地で営業所を設立。

1979 年

青葉が街の食品市場で最も著名度がある缶詰ブランドとなる。「青葉セイタン、イコールお粥」というイメージが確立。
高い知名度

1980 年代

著名芸能人 胡瓜に青葉嚕肉飯のCM出演を依頼、そのCMソングは皆になじみとなり、誰でも歌えるほどの人気を博して今に至る。更には、青葉嚕肉飯が主婦の最もよく調理する、使いやすいおいしさとなる。

1984 年

青葉セイタン商品が「台湾省政府農林処」が授与する「優良特産食品賞」を受賞。

1987 年

「台湾省優良食品と設備展示会準備委員会」が授与する「商品優良栄誉メダル」を受賞。

1988 年

青葉嚕肉飯商品が「台北市中華民国消費協会」が授与する「金賞」を受賞。
勝ち得た評価

1990 年

1. 特級「お粥」シリーズ商品を販売開始。

2. 「青葉プチレストラン特製」シリーズ商品を販売開始。

1992 年

1. 「新竹ビーフン」 商品を販売開始。

2. 青葉セイタン、青葉嚕肉飯の2商品が「全国商標推進委員会」が授与する「金文字優良メーカー賞」を受賞。

1994 年

特級「エノキタケ」商品を販売開始。

1995 年

「台湾省政府衛生局」が授与する「食品衛生安全賞」を受賞。

1996 年

1. 有名なテレビCMを放送。

2. 氷砂糖五穀粥、干し貝柱玄米粥、椎茸玄米粥の3商品が「中華民国消費者協会」が授与する「全国消費者優良経営メーカー賞」を受賞。

成長は力強く

2000 年

特級「醤油煮こみ豚足」年越しギフトセットを販売開始。

2001 年

セイタン全自動生産ライン設備を導入し、生産能力を拡大。

2004 年

「桃園県保護観察協会」の簡明珠理事長が授与する感謝「尊ぶべき熱意」金メダルを受賞。

2005 年

工場建物を拡充、面積拡大。

2006 年

特級胡麻セイタン商品を販売開始。

2007 年

1. 業務用セイタン缶詰を販売開始。

2. 青葉嚕肉飯の歌を使い、「家庭の温もり版」広告を改めて制作、放送。

2008 年

1. 青葉創業祭8個入りお買い得セット商品を販売開始。

2. 有機セイタン缶詰を開発し、全面的に有機食品販売ルートを確立。

2009 年

1. 健康増進紅麹セイタン 、健康増進「ハスの実」セイタン商品を販売開始。健康増進をコンセプトにした缶詰の先駆けとなる。

2. 複数の台湾著名食品メーカーからの受託加工を始め、製造品質で高い評価を得る。

堅実に成長

2010 年

「ピーナッツセイタン 『ハスの実』セイタンシリーズ スーパー編」テレビCMを放送。

2012 年

1. ガラス瓶シリーズを販売開始。

2. 有機カーネルコーン販売開始。

2013 年

有機キノコ詰め合わせ販売開始。

2014 年

有機クリームコーン販売開始。

2015 年

上海中国食品展示会に参加。